bloghd_20161123.jpg

2009年12月09日

新井隆広先生新連載キター!

コミック版『ダレン・シャン』の新井隆広先生の新連載がはじるだとー!?
12月22日(水)発売の少年サンデーですよ!
http://websunday.net/jigou/
↑かっこいいなあ…。

『ダレン・シャン』映画情報も楽しみです。
posted by 松任知基 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年12月03日

デモナータ

『デモナータ』(日本語訳)読みはじめました。
まだ第二幕までですが、面白いです!

でも『ダレン・シャン』よりグロ度あがっているので漫画化とか映像化は無理かなあ…。



posted by 松任知基 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年07月01日

『ダレン・シャン』コミックUK版とUS版

数日前にアマゾンから届いてたんですが原稿でいっぱいいっぱいでした。

まだまだパラパラと見ただけですが…
↓コミック版『ダレン・シャン』一巻のUK版(左)とUS版(右)です。

色味は右のUS版のほうが日本のコミックスのに近いようです。
紙質もUS版のほうがいいみたい。
↓さらに本のタチキリがそれぞれ違います。

上がUS版、真ん中が日本版、下がUK版です。
「ぽわぁん」の擬音の入り具合で見比べてもらえばわかりやすいかな?
US版だと日本版よりも絵が断ち切られずに入っていますね。お得です。
UK版ははじっこがかなりざっくり断ち切られちゃってます。

カバーがついてないので折り返しの新井先生のコメントや次巻予告やイラストがなくなってて残念でした。(あとがきマンガは載ってます)
巻末に英語版原作小説がチラっと載ってます。

二巻以降はUS版を買っていこうと思います。

posted by 松任知基 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年04月22日

コミック版『ダレン・シャン』12巻

コミックスは発売日にゲットしてたんですが記事なかなか書けなくてすみませんでした。
発売週のサンデーのコミックスCMページではどーんと181ページ182ページの見開きが載ってたりもしましたね。
未読の人にはネタばれでしょうが、あれはいい広告。

で12巻の話題。
64ページのクレプスリーの赤いコートを着たダレンの見返り姿、超かっこいい!!

そして原作では
********
スティーブ、とぼくは声をしぼりだし、スティーブの話をさえぎった。
「こういう戦いに勝つこつを、教えてやろうか?べらべらしゃべるな。ぐさっと刺せ」
と言いすてて、ぼくはスティーブにおそいかかった。
 <中略>
スティーブのちっぽけな心臓に、つき刺さった!
*******
という場面、漫画では
*****
虚ろな瞳のダレン。
ダレン(そう…だ…クレプスリーは…ずっと…僕の側にいてくれた…)

   (あなたが授けて…くれたバンパイアの血と…誇りは…今も…僕の中で生きている…)
その瞳に光が戻ってくる。
   (僕は……一人じゃ……ない……)
ダレンの右手がピクっと動く。 

スティーブ「その前にまぶたをはぎとらねえとな!! 
      オレがすることを全部見られるように!!その後は……!!」

ダレン「スティー…ブ…」
   「こういう…戦いに勝つコツを…教えて…やる…」
ダレンの右手にビキビキとバンパイアの血が滾る。
純化によりその爪は鋭く尖っている。
   (血よ…誇りよ、)
ダレン「べらべら…しゃべるな」
  (僕に力を!!)
「グサッと刺せ…!!!」
勝ちを確信し歪んだ笑みを浮かべていたスティーブの胸にダレンの手刀が深々と突き刺さる。
スティーブ「は……」
何が起こったのか理解出来ないかのように目をカッと見開いている。
そんなスティーブを憐れむような表情で涙を浮かべ、呟く。
ダレン「ちっぽけな……心臓だ…」
*********


うおおおおお、名シーン!!
サンデーで読んでいたけど何度読んでもいい!!
原作のクールなセリフを生かしつつのこの熱い演出!!
新井先生すごいです!!
原作を超えてるよ!!


巻末オマケで新井先生は「この漫画が皆様にとって『ダレン・シャン』という物語にふれる一助になることを祈っています」
と書かれていましたが、まさに私は新井版ダレン・シャンがなければ原作を読む機会もなかったような人間なので、なんだか嬉しく思いました。
最後の全員集合のところでウルフマンもちゃんといるのね…サム殺したりしたのに…。

巻末折り返しにはダレン・シャン氏からのメッセージもありました。
おお、そして漫画版赤いコートのダレンとのツーショットも!かわいいなあ。



新井先生の次回作は是非、外伝を!!
でも「バンパイアの恋」は少年サンデーでは大人っぽ過ぎるかなあ…?













posted by 松任知基 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年04月15日

ダレンのハムサンド(嘘)

ダレンのハムサンド(嘘)今日漫画版ダレン・シャンの12巻表紙画像をWEBサンデーで見ました。
上段は最終決戦のダレンとスティーブ、下段は少年時代の二人でした。
ダレンかっこいいよダレン。
金曜日にGETするのが楽しみです。
画像は原作版8巻でダレンが自分で作って学校に持っていったハムサンド、こんなかな〜と作ってみたものです。ランチBOXなんて洒落たものもってないのでジップロックコンテナ(笑)
posted by 松任知基 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年03月01日

デビーのスコーン(嘘)

原作の8巻まで読んだんですが…
デビーがクリスマスにダレンに指輪送ったエピソードって漫画版オリジナルだったのかー!!
うわああん!!
漫画版でダレンがバンパイアマウンテンの水路から流されて瀕死の時も指輪なくさないように手に包帯で巻き付けたり(六巻)、お風呂入る時もヒモに通して大事に首からさげてたりしてて(8巻)、もうそういうトコがデビーラブラブでダレンかわいいよダレン!!と思ってたのにぃぃ!!

いや、原作は原作で
「君は聞きたくないかもしれないが、ぼくは君のことが真剣に好きだ。世界でだれよりも好きなんだ」
とかストレートにあまーーーーい!セリフがあったからいいんですが。

あと8巻、学校のお弁当も原作ではダレン自分でハムサンドつくって持っていってたのね。
(漫画版ではクレプスリーパパ(笑)お手製のマスタードいれすぎサンド)

とにかく『待ちくたびれてスコーン焼く』デビーに激しく萌えでした。
GetAttachment-17.aspx.jpeg

↑次回はほしぶどうでも入れてみよう…。







posted by 松任知基 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年02月18日

ダレン・シャン11巻

漫画版11巻ゲットしました。

帽子とパーカー姿のダレンかわいいよ。
それ以上にケガしたダレンに抱きつくハーキャットかわいいよハーキャット!
横にデビーもいるってのにまるでヒロインのようにダレンの胸に飛び込んでます。
目にいっぱい涙溜めて!

初期の不気味でカタコトなハーキャットも大好きなんですが、こーいうかわいいハーキャットもいい!!

デビーは9巻の時といい、大人でイイ女ですね。
ダリウスを殺そうとしたダレンを止めたり、さすが何年待っても思い続けてきただけあります。
ダレンが純化作用で大人の男性になったらキス…というかそれ以上もOKなのかーー!!?
さすが教師、真面目です。
つうかふたりがラブラブしてて部屋に入れなかった(自重?)ハーキャットかわいいよ!!

お話はついに次巻完結なので、読んでいてけっこう辛い内容でした。
最終回が救いのある終わり方だっただけにね…。


posted by 松任知基 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年02月12日

最後の決戦でのかっこよさは神

↓という訳で最終回付近のダレン君。
GetAttachment-8.aspx.jpeg
いや新井先生のダレンのかっこよさの5%も描けてないけど。
もうね漫画版ダレン、かっこよくて仕事が手につかなくて困ってます!!いやちゃんと下書きやってますけど。
何なの!?これが恋なの!?

11巻は来週発売で最終巻は四月発売…待てない待てない!!
昨日までで1〜10巻までは読み終えちゃったんだよね。
自分のバカー!何で今までサンデーでダレン読み飛ばしてきたんだろう…。
逆に考えるんだ。これからまとめてコミックスで読む楽しみがあるじゃあないか!




posted by 松任知基 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン

2009年02月10日

まあ、ダレンったらいけないひとッ!

昨夜寝る前に『ダレン・シャン』8巻読んだんですが、制服姿のダレンとか反則だろ!?と思いました。
ダレンかっこカワイイよダレン!!
ダレン1.jpg
↑ついカッとなって描きました。
未読の方、こういうシーンはありません(笑)

↓で、乙女回路がこの「また会えてうれしいよ」チューで完全にやられてしまいました。
ダレン2.jpg

惚れてまうやろーーーーーーーーーーーー!!
殺す気か!?人を萌え殺す気か!?ダレン君!!
こんな屈託なくほっぺチューしたくせに、デビーの自宅ではちゃんとキス出来なかったり…。

甘酸っぺーーーーーーーーーーーー!!(長澤まさみ風に)

posted by 松任知基 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダレン・シャン